ニキビができる場所で分かる「体のSOSサイン!」


nikibi_01

同じ場所に繰り返しできる「大人ニキビ(アダルトニキビ)」。

実は、ニキビの出来る場所から体の不調がわかるんです。

もしかしたら体がSOSを出しているのかも!?

ニキビのできる場所別にまとめてみました。

 

 

★ ついつい触りがちな「頬」

nikibi_02

左右どちらかの片方にだけできるニキビなら「寝具の汚れ」

左右にできるようなら「ホルモンバランスや乾燥」なども考えられます。

それ以外は「内蔵」が弱っているのかも。

胃腸が疲れていたり荒れていたり、

暴飲暴食・甘いものの摂り過ぎ・脂質のとりすぎ

便秘などになっていませんか?

 

頬杖をつくクセや、顔によく触る人も注意が必要。

便秘・冷え性なども原因になるようです。

悪化すると非常に目立つ場所でもあるので

赤ニキビになる前に、きちんと治療したいですね。

 

 

★ 意外と目立つ「顎」

nikibi_03

腸の機能が低下している証拠です。

あとは貧血・カルシウム不足など、こころあたりはありませんか?

月経周期が乱れていたり、ストレスなどで

ホルモンバランスが乱れていることも原因の一つ。

乾燥や男性ホルモンの働きによって

角質層が固くなり、角栓ができやすくなる箇所でもあります。

1度炎症を起こすと悪化しやすく厄介なので

悪化を防ぐようにしましょう!

 

スポンサーリンク

★ 毛穴の詰まりなどでも出来やすい「鼻」

nikibi_03

ファンデーションなどで毛穴が塞がり

メイクをきちんと落としきれてないことによる

毛穴の汚れ・詰まりも原因となります。

鼻を良く触るクセがある人も注意が必要。

 

さらに鼻の下のニキビは、大人ニキビが多発しやすいところ。

男性なら髭が生える箇所なので

男性ホルモンが影響していることも。

他には、肝臓・大腸・肺の不調がでやすい部分です。

ナッツ類や脂質・甘いものは極力避けて!

 

 

★ 前髪などの刺激でもできやすい「おでこ」

nikibi_05

Tゾーンは皮脂分泌量も多いため

大人ニキビというよりは、思春期ニキビに近いです。

そして、胃腸が疲れているという自覚はありませんか?

暴飲暴食をやめ、今すぐ食生活を整えましょう。

あとは、シャンプー・リンス・洗顔料などの

すすぎ残しも原因となります。

前髪がある人は、髪の毛で汚れが付着し

ニキビができることも。

 

この場合はなかなか治りにくいので

思い切っておでこを出すヘアスタイルを!

白や黒などの炎症を起こしていないニキビなら

しっかり保湿ケアをすれば自然に治るようです。

 

 

★ 髪の「生際」に出来るニキビ

nikibi_06

髪の毛の生際から頭皮にかけてのニキビは

シャンプーやリンスのすすぎ残し、

整髪料の付着で発生しやすい部分です。

しかし、男性ホルモンによる影響も大きいため

何度も繰り返す場合は、皮膚科などに見てもらいましょう。

 

 

★ 皮膚への刺激が原因?「首」

nikibi_09

婦人科系の不調サインがでているかも。

新陳代謝の悪さや、ホルモンバランスの乱れなど。

体の冷えも影響している可能性もあるので

夏場は空調、冬はしっかり湯船につかるようにして体をあたためましょう。

角質層の水分不足や衣類による摩擦なども原因になるので

保湿やファッションにも気を使って。

 

 

★ 女性は気になりますよね「デコルテ」

nikibi_07

紫外線を多く浴びたりする、外的な刺激により

ニキビが現れてしまいます。

普段のスキンケアを首〜デコルテにも使用し

乾燥・シミを防ぐようにしましょう。

 

 

★ マメにチェックが必要です!「背中」

nikibi_08

自分でチェック出来ない分、指摘されるとはずかしい!

ストレスによる自律神経の乱れにより、

成長ホルモンや性ホルモンの分泌が抑制されてしまい

ニキビができてしまうことも。

こちらもホルモンバランスの乱れから多発することが多く

男性ホルモンが過剰な状態ということ。

 

保湿ケア&ビタミンCを補給することで

徐々によくなっていくことも。

炎症を起こしていたり、大量に出来ている場合は

皮膚科で治療しましょう。

 

 

★ とっても目立つ「口まわり」

nikibi_08

胃腸が荒れていてビタミンが不足気味。

食べ過ぎ飲み過ぎ・甘いものなどの食べすぎも原因に。

栄養バランスも意識し、食事は腹八分目にするなど

胃腸にやさしい食事の仕方も意識しましょう!

 

 

ニキビはホルモンバランスの乱れや

食生活などの乱れなどから発生しやすくなりますが、

できる場所によっては、肌への刺激など

外的要因によって悪化してしまうものも。

原因は1つではないのが厄介ですが

きちんと見極め適切な処置を行い、

1日でも早く治るようにしたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>