フルーツを食べるだけ!フルーツ酵素ダイエットメニュー


Column_04

朝食にフルーツを食べると、

フルーツに含まれる酵素の働きによって、

排泄や代謝がスムーズになり、

ダイエットになることが可能だそうです!

そんな「痩せフルーツ」5種類をご紹介します。

 

★ ねっとり美味しい「アボカド」

野菜のイメージがあるかもしれませんが、

アボカドは果物です。

 

アボカド1個に含まれる食物繊維は、

サツマイモ2本分といわれています。

しかし、森のバターといわれるだけあり

カロリーは高めなので消化がいい

朝に食べるのがオススメ。

角切りにしたアボガドにレモン汁を搾り、

サラダに入れてみてください。

 

レモンは脂肪を分解する効果があるし、

変色も防げるので一石二鳥!

 

★ 果物界のエース「キウイ」

甘酸っぱい緑の果物といえばキウイ!

中国が原産のミラクルフルーツです。

 

皮膚や胃、腸の粘膜を保護する「ビタミンA」

肌をキレイにする「ビタミンC」、

生殖ホルモンを正常に働かせる「ビタミンE」などなど。

「ACE」のビタミンを揃えているキウイは、

「果物界のエース」と呼ぶに相応しく

「アクチニジン」という成分が、

体内の脂肪を減少させてくれます!

 

キウイは、健康的に痩せるには

もってこいのフルーツです。

 

★ 老廃物にサヨナラ「バナナ」

バナナは世界中で愛されているフルーツ。

値段もお手頃なのがうれしい!

カロリーが高いと思われがちですが、

一本約85カロリーなので実はとってもヘルシー。

 

お腹にいい食物繊維、オリゴ糖、

利尿作用のあるカリウムも豊富。

体の老廃物を外に出してくれるフルーツなのです★

 

★ 皮ごと丸かじり「リンゴ」

イギリスのことわざに

「一日一個、リンゴを食べれば医者はいらない」

という言葉があるほど、

リンゴは体にいいものとされているのをご存知ですか?

ビタミン類は多くありませんが、

カリウムが多く含まれているので

利尿作用があります。

 

また、皮に含まれる「セルロース」、

悪玉コレステロールを減らす「ペクチン」の

W効果で、便秘知らずの体に!

 

朝、時間がないときでも

リンゴを丸かじりするだけで痩せ体質に。

 

★ 頭も体もスッキリ「モモ」

モモは糖分たっぷりのフルーツなので、

頭が働かない朝に食べると効果的!

また、「ペクチン」と「カリウム」が豊富なので、

体の毒素をごっそり排出してくれる優れもの。

夜に食べると糖質が気になってしまうフルーツですが、

朝なら安心して食べることができますね。

モモで、頭と体をスッキリさせましょう。

 

スポンサーリンク

 

上記に自分の好きなフルーツはありましたか?

実践するにあたり、

いくつかポイントがあるのでまとめてみました。

fruits_01

「朝フルーツダイエット」は、

午前中にほかの食べ物は口にしないで

生のフルーツを食べるだけの方法です。

(※葉野菜などと一緒に食べるのはOK)

 

【Point 1】

好みのフルーツを1~3種類、

生のまま常温で食べる。

ただし、午前中はお茶やコーヒーなどを避け、

水分補給はフルーツと純粋な水のみ。

【Point 2】

フルーツは胃が空っぽの状態で食べる。

【Point 3】

フルーツ以外の食べ物と一緒に食べない。

– – – – – – – – – –

 

Q. フルーツジュースでも大丈夫?

新鮮なフルーツをミキサーにかけ、

繊維ごとできたてを摂取すればOKです。

加熱殺菌されている市販のジュースでは

効果は期待できないのでNGです。

 

Q. フルーツは体を冷やさないか心配・・・

冷蔵庫で冷やさずに

室温で食べる限り大丈夫です!

朝のフルーツ習慣は、代謝アップに役立つので、

続けることで冷え症改善にも役立ちます。

一緒に飲む水を白湯にすると、なおいいですね。

 

 

fruits_02

酵素の働きによって排泄や代謝がスムーズになり、

「痩せ体質」に変わっていくことが可能です。

 

新鮮なフルーツを毎日とるのはムズカシイという人は

「酵素ドリンク」を飲んでみるのも効果的!

雑誌「VERY」や「InRed」「with」などでも特集されている

ダイエットドリンクがおすすめです。

酵素数165種類の酵素ドリンク「ベルタ酵素」

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>