冷え性の原因はコレ!デスクワークは足元が冷えやすい


Column_16
デスクワークの仕事の方、

もしかして「冷え性」に悩んでいませんか?

 

もこもこソックスや厚手の靴下、

ブランケットやカイロなどを駆使し

いろんな方法を試していても、実はその場しのぎ。。。

どれも根本的な冷えを改善することができていませんよね?

 

今のまま冷え性を放っておくと

肌荒れや肥満、生理不順など

美容面とからだに悪影響が起きるのは確実です。

 

そんな方たちのために、デスクワーカーのための

冷え性についての原因と対策をまとめてみました。

 

 

★ 特徴:動かない時間が長く、運動もしないタイプ

足の筋肉をポンプのように動かすことで、

私たちは足先をあたためることができています。

運動不足で筋力が低下すると血液も送れず、

さらに代謝も落ちるので脂肪も蓄積されてしまいます。

 

改善策1:用事を作って頻繁に歩く

やはり「歩く」ことはとても効果的!

仕事中、お茶と取りに行ったりトイレに行ったり

ちょこちょこ動くクセをつけましょう。

1時間に1回は動くようにしましょう。

 

改善策2:ふくらはぎのストレッチ

椅子に座ったままでできるストレッチ。

足を地面につけたまま、つま先だけを

上げて・下げてを繰り返す。

ふくらはぎの筋肉を伸ばす・緩めるの動作で

足がぽかぽかしてくるはずです。

 

その後は、足首もくるくる回してみて。

外回し・内回しを何回かやっていると

じんわり温かくなります。

これはわたしは即効性を感じます。

むくみも改善されて手軽でオススメです。

 

改善策3:股関節ストレッチで血流アップ

女性は骨盤内の血流が滞りやすいです。

なので、股関節のストレッチがとても大事。

こっそりトイレなどでできちゃうので

まめにストレッチしましょう。

 

 

★ 特徴:靴下の重ね履きや、固い靴を履いている

確かに冷やさないための手軽な方法ではありますが、

外側からばかり温めていると、血液を送り出す力が

衰えていってしまいます。

 

改善策:ヒールや革靴などで長時間足を締め付けない

デスクワークならスリッパに履き替えるなどの対策を。

たまにはスニーカーなど柔らかい靴で、

足をいたわってあげましょう。

去年あたりからスニーカーが流行してるし、

大人が履けるスニーカーもたくさんありますよ!

 

スポンサーリンク

 

★ 特徴:気づくと足を組んでいるタイプ

「足を組むほうがラク」という人は

筋肉が衰えている証拠なんです。

体の歪にもつながることなので

なるべく避けるようにしましょう。

 

筋肉の衰えだけではありません。

足を組むのも下半身の血流が悪くなり、

冷えが悪化してしまいます。

 

 

夕方になるとクマや顔のくすみが目立ちませんか?

冷え性の改善には、まず原因を探す事から。

あたたかい生姜紅茶などを飲んで

内面からあたためましょう。

カラダを冷やすコーヒーも飲み過ぎないように!

 

さらに太ももは全身の1/4の筋肉が集まる、血流アップの要です。

デスクワークの間は、ひざかけやストールを太ももの上にかけて、

温めるように心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>