顔ダニ(ニキビダニ)の症状と対策、退治の仕方は?


Column_05

「ダニ」と聞くと、多くの人が

家のじゅうたんやカーペット、畳などに

住み着いている、あのダニを思い浮かべますよね。

けれどもこの「顔ダニ」は、

人の皮膚に寄生するダニなんです。

 

★ 顔ダニ(ニキビダニ)とは・・・

大きさは約0.1~0.4mmと非常に小さく、

肉眼で見ることはできません。

細長い形が特徴で、小さな爪と

針状の口を持っており、

10日~2週間ほどで卵から成虫になり、

寿命は3か月(約2週間から1か月程度という説もある)。

角質層に卵を産み付け、

3回ほど脱皮を繰り返して

成虫になるといわれています。

 

毛穴の中の脂肪性の分泌物をエサとして、

人間の顔や頭などの皮脂分泌が活発な部分の

皮膚に生息し夜行性な為、人間が眠っている間に

皮脂腺や毛根部分から出てきて活動します。

そして皮膚表面で死骸になったり、

排泄物で肌を汚染します。

 

スポンサーリンク

 

★ 顔ダニは誰の顔にも存在するの?

ニキビの膿みの中身を調べると、

よごれた皮脂の中にいるのは

ニキビの原因菌である『アクネ菌』が

ほとんどを占めていますが、

それだけではなく、真菌(カビの一種)である

『マラセチア菌』もいますし、

中には『ニキビダニ』というものも

含まれているとのこと。

 

しかし、これらはいずれもめずらしい菌

というわけではなく、日常的に身近にいて、

私たちの皮膚にもいると思ってまちがいないとのこと。

 

清潔にしているつもりだったのに、

誰にでもいると聞くとなんだかショックですね・・・

 

しかし、顔ダニは悪者ではありません!

実は、顔ダニは私たち人間の皮脂を

餌として食べて、皮脂の分泌量をコントロール、

そしてお肌を弱酸性状態に表皮を保ってくれる

という働きがあるとも言われています。

 

顔ダニが完全にいなくなるようにするべく

潔癖症になる必要はなく、

顔ダニが増えすぎることがないように

することが大切なのだそう。

 

普段は悪さはしませんが、

ストレスで免疫力が下がったり、

乾燥して皮脂の分泌が過剰になったりしたときに、

顔ダニが増殖してニキビの原因になるそうです。

 

皮脂をエサとしているということは、

皮脂が多ければ多いほど

顔ダニが繁殖するということなので、

そして、この繁殖が肌トラブルを

引き起こす原因になるのです!

 

顔ダニの排泄物や死骸は、

顔から落ちることなく

顔の上に蓄積されていきます。

こうした顔ダニのたくさんの死骸や

排泄物が毛穴に詰まり、

ニキビが発生してしまうという仕組みなんです。

 

★ でもやっぱり嫌だ・・・顔ダニは除去できないの?

死骸や排泄物、増えすぎた顔ダニを

毎日の洗顔で洗い流せば問題はないのですが、

洗顔料を使用して丁寧に洗っても、

毛穴の奥に潜んでしまうため、

全体の20~30パーセント程度しか

顔ダニは洗い流せないのだそうです。

 

ですから、元々皮脂量の多い方は

特に肌を清潔に保つことと、

顔ダニが増えすぎないよう、

皮脂の分泌を徹底して抑えるケアが必要です。

 

皮膚が乾燥していると、

かえって皮脂の分泌が多くなってしまいます。

 

顔ダニに負けないよう、

きちんと保湿と清潔を心がけ、

美肌を手に入れましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>