乾燥肌を治したければ「洗顔」を見直すべし!


kansouhada_01

乾燥シーズンが本格化してきました。

これを機にもう一度、正しいスキンケアの方法を

おさらいしませんか?

 

数々のメディアなどで美肌作りの方法を

伝導している佐伯チズさん。

彼女が推奨する「必ず肌がキレイになる」

洗顔方法をまとめました。

 

佐伯チズさんは「スキンケアは肌の食事。

きちんと栄養をとるために、

まずは正しいクレンジングと洗顔です。」

と語られています。

それくらい “洗う”ということは大切なんです。

 

★ クレンジングひとつで肌は驚くほどに変わる!

スキンケアは『肌の食事』。

大根だって泥やぶ厚い皮が付いていたら

味は染み込まないでしょ?

肌も同じで高価な美容液やクリームをのせても、

メークや汚れがきちんと落とせていないと

意味がないんです。

だから正しく丁寧に『落とす』ことが大切。

 

そしてその後みんながやりがちな、

洗顔剤でW洗顔をしてはダメと語ります。

 

なぜなら、まだ20~30代は

自ら潤う力をもっているそう。

それなのに肌に必要な水分や油分まで

W洗顔で落とすから、肌が乾燥してしまうようです。

W洗顔不要なクレンジングもチェック!

 

 

★ 大切なのは「どう使うか」ということ!

kansouhada_03

高い化粧品ばかりを使っても、

それは毎日のように美味しい高級ディナーを

食べているようなもの。

そればかりでは肌も疲れてしまいます。

常に自分の肌をしっかりと確かめていれば、

肌が何を必要としているのかがわかるはず。

 

大切なのは「何を使うか」よりも

「どう使うか」ということです!

 

スポンサーリンク

 

★ メイクにかけた時間と同じ時間をかけて落とす!

ofuroagari_01

クレンジングをおろそかにしていると、

お金も時間もすべてが無駄になるということは、

もう分かりましたよね。

だからこそ、目元&口元は

専用のリムーバーで落としましょう。

 

皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、

コットンと綿棒を使ってラメやパール、

マスカラ、アイラインなど、やさしくオフ。

 

顔全体はクレンジング剤を手のひらで温めてから、

5本の指を使ってらせんを書くように

やさしくマッサージ。

 

時間をかけてオフするとリンパも刺激され

血色もよくなり、くまやくすみなどのトラブルも

自然に改善できちゃいます。

 

次は、あらかじめ水に濡らしたコットンをかるく搾り、

肌をやさしく撫でるようにして

クレンジング剤を拭き取りましょう。

 

そして「ぬるま湯」で20回、

髪の生ぎわも忘れずにしっかりと洗い流します。

25~30度くらいのお湯の温度を目安に

「ちょっとぬるいかな?」という温度でOK!

そして「30分かけたメークは30分かけて

しっかり落とす。」ことを習慣づけましょう。

 

★ 翌朝は素洗いのみでOK!

kansouhada_04

きちんと夜にお手入れをしていれば、

ぬるま湯で20回ほどすすぐだけで十分。

夜のうちに自然に水分や油分が出てきているのに、

朝になってきれいさっぱり油分を取り除いてしまったら、

また乾燥したり変にテカったりし、

化粧崩れの原因にもなります。

 

そして、大事なのは

「縦に洗わず、横に丸く洗う」ということ!

タオルで拭き取る時も決して擦らず

「水気を抑える」ようにしましょう。

 

★ 週に1度はスクラブDAY!

 

kansouhada_05

より一層の美肌を目指すなら、

スクラブ系の洗顔料を使ってみることをオススメ。

週に1回以上は刺激が強いため控えましょう。

 

★ 洗顔後にひと手間!温&冷ケアも取り入れて!

お湯で湿らせたタオルをラップでくるみ、

電子レンジで1分30秒。

それを顔全体(耳まで)覆います。

そうすることで毛穴が開き、気分もリラックス。

次にラップに包んだ氷を使い、

開いた毛穴を冷却し閉じさせます。

温と冷を交互に繰り返すと

筋肉運動となり肌も活性化!

 

 

kansouhada_02

知識があっても月日が経つに連れて、

だんだん自分流の洗顔方法になりがちですよね。

こまめにこの洗顔方法を読んで復習し実行していれば、

美肌を必ずキープできることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>