紫外線で肌老化が加速?! 日焼け止めの効果的な使い方とは?


beauty_shigaisen_01

太陽の光には、日光浴という言葉もあるように

リラックス効果やうつ病・認知症が治ったり、

穏やかな感情を与えるセロトニンの分泌も増え

健康面においてとても重要なものです。

 

しかし、紫外線が肌に影響を与えるということは

案外知られていないもの・・・

太陽の光と上手につき合うために、

紫外線のことをしっかりお勉強しておきましょう。

 

 

★ 紫外線には2種類あるのを知っていますか?

beauty_shigaisen_02

実は、紫外線には「UVA」と「UVB」というものがあります。

中でも「UVA」はお肌に与えるダメージがとても大きく

肌老化の原因になるものなんです!

 

「UVA」とは?

・地上に届く紫外線の95%に相当

・1年中降り注いでいる

・ガラスや雲でも遮断されない

・肌奥深く、真皮まで届いてしまう

・日焼け止めにはPA+などで表記

 

「UVB」とは?

・地上に届く紫外線の5%ほどに相当

・夏場に多い

・ガラスが雲で遮断される

・肌に日焼けを起こす

・日焼け止めにはSPFで表記

 

エイジング的に見て最も効果的なことは「紫外線を浴びないこと」。

日焼け対策として、つばの広い帽子を被ることや

サングラス・手袋・日傘などでカバーするなどが必要ですね。

 

 

★ 日焼け止めに記載してある「PA」と「SPF」の違いは?

beauty_shigaisen_03
「PA」とは?

Protection Gradeof UVAの略で

「UVA」を制御する効果を示しています。

+が多いほど防止効果が高くなります。

 

「SPF」とは?

Sun Protection Factorの略で

「UVB」を制御する効果を示したもの。

数値が高くなるほど防御が高くなり、

日本では「SPF50+」が表示のMAXとされています。

 

 

★ どんな日焼け止めの種類があるの?

日焼け止めは顔用・ボディ用などと、使い分けている人が多いようです。

わたしも毎年、外出時間や場所などによって

SPFやPA+の数値の違うものを揃え

毎日高い数値のものを肌に付けないようにしています。

 

SPFの数値は20〜25分で1単位。

要するにSPF10だと、20×10=200(分)の効果があるということ。

 

近所への買物くらいなら【SPF 15〜20 PA++】

通勤・通学くらいなら【SPF 30(デイリー使い)】

先ほど書いた【SPF 50】については

先ほどの方程式に当てはめると、1250分!(なんと20時間50分)

一日の日照時間を超えてしまっているため、

SPF30以上は、ほとんど変わりがないとも言われています。

 

スポンサーリンク

SPF50以上を肌に塗りっぱなしにしていると肌への負担も大きいため、

SPF数値の低いものを、マメに塗り直すのがいいでしょう。

近頃では、日焼け止めの種類も豊富!

 

クリーム・乳液(ミルク)タイプ

パウダータイプ

スプレータイプ

シートタイプ

スティックタイプ

ジェルタイプとさまざま。

最低でも顔とボディ用の2つは使い分けたいところ。

 

たった3分浴びただけでも、肌の老化を早めてしまう紫外線。

紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいます。

ちょうど春先くらいから急に増え始めるので、きちんとUV対策を!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>