「ライースリペア トライアルキット」で本格エイジングケア!


raiz01

★ ライスパワーエキスNo.11を配合した、本格エイジングケアの基礎化粧品!

エイジングサインが気になる方にオススメな、

おトクなトライアルキットを紹介します。

 

数ある「ライスパワーエキス」を配合した化粧品。

みなさんはその意味をしっかり理解できていますか?

ライスパワーショップ

 

今回わたしが使ってみた「RAIZ repair(ライースリペア)トライアルセット」は

「肌本来のハリと潤いを呼び覚ますスキンケア」として

本格エイジングを気にしている人達に、とても人気のある商品なんです。

 

モデルでタレントの梅宮アンナさんも、ライースリペアを愛用しているようですね。

raiz

※出典:梅宮アンナさん ブログ

 

キットの内容は「ローション・エッセンス・クリーム」の3点で

約10日間使用することのできるこのトライアルキットは、送料無料の1,750円!

 

早速、こちらのトライアルセットを使ってみた感想をレビューします。

その前に少しライスパワーエキスの効能についてご説明します。

 

 

★ よく聞く「ライスパワーエキス」とは?

ライーズリペアにも含まれている「ライスパワーエキス No.11」は、

肌自らが水分を保持する力「皮膚水分保持能を改善」するという効果を認可されています。

一時的な「保湿」ではなく、特にアトピーや加齢による

セラミドの減少が見られる乾燥した肌に、とても効果が高いと言われています。

image-about01

image-about02

image-about03

※出典:RICE POWER SHOP

 

ライスパワーエキスの種類 「No.XX」によってそれぞれ効果が異なります。

肌内部にまで作用し健やかにする成分として「No.11」は厚生労働省から

医療部外品としての認可を受けているので安心です。

 

スポンサーリンク

 

★ とろみがあるのにスッと馴染み、持続的に保湿を実感!

raiz02

ライーズリペア インナーモイスチャローションNo.11は、約20ml。

無香料・無着色なところも安心です。

こちらは、1日2回(朝・夜)の使用で約10日間使う事ができます。

 

raiz03

少しとろみのあるテクスチャなのに、肌にのせるとサラサラの感触に変化。

だけど、両手で頬に触れてみると

しっかりと手に吸い付くほどの浸透と保湿を実感しました!

 

 

★ 水分保持能の集中ケアで「エイジングサイン」に勝つ!

raiz04

お次は、ライスパワーエキスが高濃度で配合されている美容液。

ライーズリペア インナーモイスチャエッセンス No.11 は約8ml。

 

raiz05

まるで肌と一体化するかのような、伸びのよいテクスチャで

ベトつくことのない使用感がとても使いやすい!

ジェルのような、みずみずしいなめらかな美容液です。

 

 

★ 肌のバリア機能を高めて、しっかり肌をプロテクト!

raiz06

お次は、ライースリペア インナーモイスチャクリーム No.11、約5g。

より、本格エイジングケア商品になるよう2014年9月12日から使用感を高め

より「しっとり感」がUPしたとのこと。

 

重さのない濃厚なテクスチャなのに、なめらかでとても伸びがいい。

潤いを守りつつ、積極的な美肌ケアも兼ねるクリームです。

思わずお守り的に常備してしまいたくなる一品になりそう!

 

 

★ ちょっと気になるみんなの口コミは?

・ローションを使ってからは、ライーズリペアシリーズの虜になりました(27歳)

・プレゼントで頂いてから、正直期待してなかったけどすっごくいいです!(39歳)

・肌に浸透しているのを実感でき、シミが気にならなくなってきました(50歳)

 

★ 使ってみた感想のまとめ

raiz01

一時の満足感よりも、肌そのものが変わることが大事ということを

あらためて実感させてくれる本格エイジングスキンケア。

しっかり夜にお手入れして就寝すると、きちんと肌が答えてくれ

翌朝の洗顔時の肌の違いを実感することができました。

これからもしばらく使ってみます☆

ライスパワーショップ
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>