「低糖質ダイエット方法」とは?コンビニ食品なども紹介!


beautyjounal_diet

先日、グルメリポーターで人気のタレント・彦摩呂さんが

「低糖質ダイエット」で3ヶ月で見事マイナス20kgの減量に成功した!と

ニュースでも話題になっていますね。

 

しかし、カロリーや食べる量を減らすというダイエットではなく

「糖質を摂取するのを半分に抑える」という

誰にでもできる簡単な方法だったと語ります。

そんな「低糖質ダイエット」の方法と情報をまとめてみました。

 

 

★ そもそも「糖質を控える」ってどういうこと?

一言でいうと、炭水化物や糖質の摂取を1日20以内に抑えることです。

 

私たちは食事をとると、食事を開始してから30分くらいかけて

血液中の糖度がだんだんとあがっていきます。

一度にたくさんの糖質を取りすぎてしまうと、血糖値が一向に下がらず

余った糖分が体脂肪にかわり太りやすい体質に。

なので、ダイエットや健康維持のためにも

「急に血糖値をあげない」ようにしなければいけません。

それでは、くわしい実践方法についてお話します。

 

 

★ まずは出来る範囲での実践から!

ご飯やパンや麺が好きで食べないなんて無理と思うかもしれませんが

その「ご飯・パン・麺」を取らないことです!

 

とりあえずは「平日の5日間」だけがんばってみてください。

土日は好きな物をたべてOK!というくらいの気持ちでいたほうが頑張れますよね。

あとは、夕食もなるべく早い時間帯にしましょう。

 

「じゃあ、何をいったい食べればいいんだろう・・・」と思ってしまいますが、

基本は「野菜」をたくさん食べるということです。

特に「水菜・レタス・小松菜・青梗菜・わかめ」などには

糖質がほとんど含まれず栄養が豊富です。

その際、ドレッシングもヘルシー系を選ぶことを忘れずに!

 

【ご飯】

特に白米には血糖値を急上昇させやすいです。

できれば玄米や雑穀を選ぶといいですね。

【麺】

ラーメンやうどん、もちろんパスタも控えましょう。

【パン】

精製された小麦でできたパンは、白米と同じくらいに血糖値を急上昇させます。

なるべく茶色いもの、ライ麦や全粒粉のものを選ぶようにしましょう。

→ グルテンフリーについてはこちらの記事でも詳しく書いてます。

 

他にも、じゃがいもも糖質が高いので、なるべく避けるようにしましょう。

揚げ物もストレスが溜まらない程度にたべてもOKです!

しかし、糖質を意識しても「カロリーの取り過ぎにも注意」しなければいけません。

高たんぱく・低カロリーの鶏胸肉を使った料理はおすすめです。

 

 

★ すぐに食べれるお手軽なコンビニ商品は?

小麦ブランと玄米を混ぜ焼き上げたシリーズ。

ブランとは、小麦の外皮のことで食物繊維などの栄養素も豊富です。

「バランスアップ 玄米ブラン」

130306-1

【ローソンの「ブランパン」】

糖質の少ないブランを生地に使ったこのシリーズ。

値段もお手頃&美味しいのでオススメ!

natural03_01

【アルコール類】

最近では糖質オフシリーズも豊富なので、意識して選びましょう。

img_ca0fecb69836c8bf6faf703d49eb8613103991

【おでん】

大根・ロールキャベツ・こんにゃく・白滝・つくね・卵・牛すじ・こんぶはOK!

小麦粉がつなぎで使われているようなものはNGです。

 

【セブンイレブン「サラダチキン」】

食事制限が苦しいときには2つ食べてもOK!

味付きたまごもタンパク質を補給でき、満足感があります。

 

頑張りすぎずに続けることが大切です。

6ヶ月でマイナス15kgという人もいるようです!

こんな「ゆるダイエット」実践してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>