リップの色選び間違ってない? 似合う色の見つけ方!


lip_01

自分の好きな口紅の色や、流行の口紅の色を選んでつけたら

なんとなく似合わないってことありませんか?

それは「自分の肌に合った色を選んでいない」から。

 

同じ日本人でも、肌の色や髪の色はそれぞれ違いますよね。

自分の肌に合ったものを選んでいないと

なんとなくしっくりこなかったり、唇だけが浮いてしまったり

顔色まで悪く見せてしまいます。

 

自分に似合う口紅を選ぶだけで美人度UP!

そんな口紅の選ぶときのポイントをまとめました。

 

 

★ まずは自分の「パーソナルカラー」をチェック!

大きく分けて基本の4シーズンに分かれます。

「春(スプリング)」「夏(サマー)」「秋(オータム)」「冬(ウィンター)」

上記のどこかのシーズンに、自分の肌色が属されているはずです。

 

【春タイプの特徴】

spring

イエローのアンダートーンを持つ明るい肌色。

頬や唇がピーチ系の赤みがあり、瞳もブラウン系。

髪は黒・ブラウン系ですが、しっかりとした黒ではなく柔らかい黒が特徴。

口紅の色選びは「柔らかいでクリアな色」「明るめで黄味のある色」を選ぶといいでしょう。

spring_lip

※出典:irouse

 

 

【夏タイプの特徴】

summer

ブルーのアンダートーンを持つ肌色でピンクやローズ系の色味が特徴。

少しグレイッシュのような柔らかくくすんだ色味が見られます。

瞳もソフトなブラウン系・グレイッシュ系で

髪はやわらかくくすんだ色味があります。

口紅の色選びは「青みよりの優しいくすみのある色」を選ぶといいでしょう。

summer_lip

※出典:irouse

 

スポンサーリンク

 

【秋タイプの特徴】

autumn

イエロー系のアンダートーンの肌で、色白の人はアイボリーや黄味の強いピンク、

血色の悪い場合はくすみが強くでる肌です。

瞳は濃いブラウン系。髪は黒や茶でいずれもくすんだマット感のある色味です。

口紅の色選びは「くすんだ濃いめの色」「黄味のあるこっくり色」を選ぶといいでしょう。

autumn_lip

※出典:irouse

 

 

【冬タイプの特徴】

winter

ブルーのアンダートーンで、肌に赤みや青みが強くみられるのが特徴。

色白の人はピンク・中位色の人はグレイローズがかかったベージュ系。

瞳は焦げ茶・茶・黒などはっきりとした色味。

黒髪の場合は、赤や青みが強い色味がでることも。

口紅の色選びは「クリアではっきりとした色」「青みの感じるクールな色」を選ぶといいでしょう。

winter_lip

※出典:irouse

 

 

同じピンクでも、青みや黄味がかかっているのでは

ずいぶんと印象が違いますよね。

「似合わない」と思い込まず、自分の肌トーンを理解して

もう一度チャレンジしてみてくださいね。

必ず「似合う色」が見つかるはずですよ。

【コラム】ラップを使った「唇パック」簡単なのに効果テキメン!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>