「靴下をはいたままの睡眠」は冷えを悪化させる!?


suimin_01

足元が冷えて眠れない時や寒い季節、

あなたは布団の中でも靴下を履いて寝ますか?

 

わたしは体質改善される前は、冷え性が酷かったので

靴下を履いて寝ていました。

しかし、寝る時に靴下を履くことはNG!

余計に冷え性が悪化していまうこともあるそうなんです。

 

温めているはずなのにどうして?

気になるその原因をまとめました。

 

 

★ 寝る準備として体温は低くなっていく

Column_09

眠る体制に入るために、人間のカラダは変化を始めています。

血液を送り出し、頭もフル回転の日中とは逆に

心臓はゆっくり動いていき送り出される血液も最小限になるため

手足の毛細血管に血液が行き渡りにくくなっているのです。

 

そこに靴下の締め付けがさらに血行不良を招き

冷えが悪化するということももちろんありますが、

寝ているときは意識していないけど

思っている以上に汗をかいています。

 

実は、人間のカラダは手足から熱を放熱する仕組みになっており

靴下を履いているとカラダの温度調整ができず

かいた汗が蒸発されずにこもるため

温めるどころか余計に冷えを招いてしまいます。

 

さらに血行不良になると「むくみ」も生じてしまい

代謝も下がるため太りやすい体質に。
スポンサーリンク

 

★ こんな靴下なら履いて寝てもOK!

一方では靴下を履かないと

冷たくて眠れないという人もいますよね。

湯船に使ってもすぐに冷えてしまうという人などとても辛いですよね。

 

しかし、履く靴下の素材によっては「あたたかく眠れる」ようです。

どうしてもという場合は、圧迫の少ない

すぐに脱げてしまうような靴下(もこもこソックス)や

通気性のよい靴下を履くようにしましょう。

「いつも朝起きたら脱げている」という人は

ある意味理にかなっているのかも!

 

その際、素材で一番いいのは絹(シルク)です。

少し値段は高めですが、試してみる価値はありそうです。

あとは寝る時専用の靴下なんかがいいですね。

 

あとは湯たんぽは、足元をじんわりと温めてくれるためオススメです。

コードレスの充電式キャラクター湯たんぽぬいぐるみタイプの湯たんぽなど

バラエティ豊かに揃っています。

 

 

★ 冷えの根本的な原因を改善しましょう

lgf01a201312101500

いくら外側から温めても、

やはり根本的に改善したわけではありません。

全身の血のめぐりを良くするために

体質改善をする心構えが必要です。

 

簡単にできる方法としては「寝る前に必ず湯船につかる」こと。

そして出たらあまり時間をあけずに布団に入ってしまうことです。

 

普段の生活も、足首・手首・首など

「首」のつくところを冷やさないファッションをするなどを

とにかく冷やさないようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>