米肌 澄肌CCクリームで美人肌ができた!


beauty_02

★ 時短美容の救世主!ナチュラルなのにしっかりカバー!

米肌(MAIHADA) 澄肌CCクリームでつくる美人肌!

口コミと効果、気になりますよね。

米肌 -MAIHADA- 【CCクリーム】

 

毛穴が気になってきた時にみつけた

「米肌トライアルセット」を14日間使用した後に

皮脂バランスや肌の調子が見るからに良くなったので(こちらもオススメです!)

同じシリーズから発売されている

「米肌 (MAIHADA)/澄肌CCクリーム」を試しました。

 

ただ、今までBBクリームなら使った事あるけど、

CCクリームは初めてで・・・

まずは違いをちょっとだけおさらい。

 

 

–「CCクリーム」と「BBクリーム」の違いって?–

BBクリームの「BB」とは

「Blemish(気になる部分)Balk(保護)」の略で、

つまり肌の気になる部分をカバーするということ。

いわばリキッド状のコンシーラーともいえる存在なんです。

 

そして、CCクリームとは「Color Control」や

「Complete correction」の略だったりと、

ブランドによって定義はさまざま。

つまり、色補正をしながら肌の欠点をカモフラージュし、

全体的にトーンアップする。

美容液に色補正効果を加え、スキンケア効果&

ナチュラルな仕上がりということなんです。

 

 

★新 CCクリーム時代の「崩れない美肌つくり!」

maihadacc_02

このCCクリームの大きな特徴は3つ。

 

1. UV対策(シミ・シワ・乾燥)

紫外線対策なんて夏場だけで十分〜、

なんて思っていませんか?

紫外線は年中降り注いでいるんです!

だから季節を問わず紫外線対策は習慣づけたいですね。

 

2. さらさら肌(崩れ・テカリ)

つけた瞬間から肌がさらさらなので、夕方まで崩れ知らず!

 

3. 毛穴カバー(たるみ毛穴・ひらき毛穴)

ひと塗りで毛穴・小鼻の赤み・色むらをカバー!

無香料/弱酸性/鉱物油フリー/

タール系色素フリー/パラベンフリーです。

 

スポンサーリンク

 

★簡単にセミマット肌の完成!

maihadacc_04

これ一本で、クリーム・日焼け止め・化粧下地・

ファンデーション・フェイスパウダーの

5つの役割ができちゃいます!

チューブ式だからワンプッシュで

無駄な量がとれずコスパも良し。

 

maihadacc_05

普通のファンデーションよりも、

やわらかいテクスチャで伸びがいい!

 

手の甲にワンプッシュしたら、

額・両頬・顎・鼻の5カ所に置き

素早く伸ばし、軽く叩き込むようにして馴染ませます。

叩き込むことでより肌に密着し、

崩れにくい肌が出来上がるんです。

 

maihadacc_06

「さらさら肌を実現」というだけあって、

フェイスパウダーなしでもしっとりしてるのに

さらさら肌がずっと続いてました!

パウダーがいらないのは旅行の時など、

荷物が減るし助かります。

 

仕上がりは外出時にもOKな、

ほどよくきちんとした印象のセミマット肌。

米肌CCクリーム=ファンデーションというような

仕上がりと思ってもらっていいと思います。

 

ただし!米肌CCクリームには、

5つの役割が含まれていることをお忘れなく☆

クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・

フェイスパウダーが入ってるからお手軽ですね。

 

★ちょっと気になるみんなの口コミは?

・クリームなのに本当にフェイスパウダー後のような

さらさらした肌になります。

SPFもばっちりで、とても画期的なCCクリームです。(30代)

 

・毎日使っているのに五ヶ月たっても

まだ一本目を使い切れていないくらい。 (20代)

 

・紫外線カット効果は高いのに、

肌にやさしい処方で安心して使えます。 (20代)

 

★使ってみた感想のまとめ

maihadacc_07

伸びはとても良く使いやすいです。

このセミマットな質感好きですね。

化粧直しには、軽くティッシュで皮脂をオフしたあと

少量のお粉をはたけばOK!

1色しか展開していないで

色数のバリエーションがほしいところ。

つけてすぐは私の肌には白く感じましたが、

馴染んでくると気になりませんでした。

しばらく使ってみます☆

 

※ 追記:2015.3.2 新色が発売され2色展開になりました!

米肌 -MAIHADA- 【CCクリーム】

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>